社会の実情にあわせて選ぶ|公務員になるには資格が必要|国家資格に挑め
レディ

公務員になるには資格が必要|国家資格に挑め

社会の実情にあわせて選ぶ

オフィス

定番物が人気

どのような企業で働くにしても、マネジメント能力は必須です。マネジメント能力をはかるためのものとして、資格や検定試験があります。資格にも様々なものがあり、社会の変化にあわせて新しい資格や検定試験も登場してきています。必要な勉強時間や料金、難易度も多様であるため、どれを選ぶべきか迷うかもしれません。まずは定番物からとるのがおすすめです。企業の総務などの場合は、衛生管理者や中小企業診断士、社会保険労務士などがおすすめです。難易度が高めのものもありますが、とっておいて損はなく、開業する際にも役立つ資格です。部門長クラスになると、ビジネスキャリア検定などの比較的難易度の高いものもとると業務に役立ちます。

キャリアを見据えて選ぶ

マネジメント関係の資格は、いずれもとって損はないものといえます。勉強をする中で得た知識は仕事に役立ちますし、資格をとると査定や昇級に反映されることもあるためです。ただ、闇雲に何でもとればよいというわけではないので注意しなければなりません。マネジメントはどのような仕事でも必要となる能力ですが、自分のキャリアを見据えてとる資格を考えることも必要です。いずれ独立開業したいのならばそちらに主眼をおいて資格をとるのも一つの手です。逆に会社の中で能力を最大限に発揮したいのならば今いる部署の仕事をまず頑張り、その上で資格によるプラスアルファを狙っていくとよいでしょう。簡単にとれるものでもないので、時間配分も考えて計画をたてましょう。