自分に合った方法で|公務員になるには資格が必要|国家資格に挑め
レディ

公務員になるには資格が必要|国家資格に挑め

自分に合った方法で

男性

国家試験を受けるために

言語聴覚士とは、生まれつきや病気、事故により話すことや聞くことに対して困難な方にリハビリを行い、不自由なく生活するために支援する職業の事を指します。社会に出られるように、言語や聴覚を回復させるだけでなく、食べる事が難しいという方もサポートしています。言語聴覚士になるためには、所定の課程がある大学や短大、専門学校に通い3年以上学びます。学校で必要な課程を取得する事で、言語聴覚士の国家試験を受けられるようになり、合格すると資格を得る事が出来ます。言語聴覚士に進む際に注意する事は、自分がどの方向で資格の取得を目指したいか、という事が挙げられます。国家試験を受けるための学校には、各々特色があるため、知識を優先するか、技術を優先するかによっても選ぶ学校が異なります。将来のためにもよく検討をし、自分が納得の行く学校を選ぶようにしましょう。

知識と実務

言語聴覚士の資格は専門性が高く、試験の内容も難しくなっています。学校では、医療の基礎知識だけでなく、言語発達、聴覚障害など専門的な知識も学びます。自分がどういった分野を詳しく学びたいのか、という事も大切ですが、しっかりと基礎力を身につける事で、国家試験や就職をした際にも学んだ事を活かせると思います。また、言語聴覚士は職場に就いた後の実務も重要です。特に、患者さんとのコミュニケーションや気遣いなど、気を付ける面がたくさんあります。学校の中には、実際に現場に入り実習を行う授業もあります。直接体験してみると、予想以上に大変だと感じる部分も出てくるかと思いますが、学んでいるうちにコミュニケーションの取り方や自分に足りない所などを考えておき、実際に働く時にしっかりと対応出来るように準備する事も重要です。