保育の専門家を養成|公務員になるには資格が必要|国家資格に挑め
レディ

公務員になるには資格が必要|国家資格に挑め

保育の専門家を養成

女性

選択科目

小さな子どもの成長を促す保育士を要請する機関として最もポピュラーな所は、保育専門学校です。保育専門学校の殆どは2年制で、定められた単位を修得すれば、卒業と同時に保育士の資格が授与されます。保育専門学校の入学に関して言えば、大学受験並みの厳しさはありません。しかしながら、学ぶ内容はレベルが高く、中途半端な勉強では単位が取れません。保育の専門家を目指すのであれば、2年間しっかり勉強することが大事です。保育士の資格を取るためにはピアノが必要と思っている人も多いようですが、ピアノ、音楽は選択科目の一つです。ピアノが弾けなくとも、絵画、言語の分野を勉強すれば補うことができます。楽器を弾くことが苦手という人でも十分資格が取れるのです。

子供と接する以外の仕事も

保育専門学校の卒業生の進路を調べると、一番多い就職先は保育園となります。保育士であるからには当たり前と思われがちですが、必ずしも子供とは関係ない仕事もあるのです。最近増えている就職先としては、介護の世界があります。老人ホームの寮母やデイケアのスタッフなど、お年寄りを対象にした仕事も増えています。保育士の勉強をした人は、応急手当や栄養管理などの知識も豊富なので、介護の世界でも通用すると言われています。このように保育の勉強をしたことは、別の福祉の道にも通じているのです。保育士の資格を持つ人は、福祉の世界全般で胸を張って活躍でいるのです。また、保育士を養成する学校はネット上で探すことが可能で、その際に気になる学校があれば資料請求をするといいでしょう。